2012年09月27日

羊羹通販サイト「紅葉屋本舗」の湯浅醤油羊羹

今年の8月、日本記念日協会は、毎年『10月8日』を【ようかんの日】に認定したそうです。煉(ねり)羊羹発祥の地とされる和歌山県。その中でも有名な紅葉屋本舗を営む坂井 良雄さんが制定したもの。“食欲の秋”である10月に縁起の良い「八福」から8日。10と8で『いと(=10)おいしい!よう(=8)かん』の語呂合わ!なんとも覚えやすい。羊羹には疲労回復に良いとされるビタミンB1が多く含まれているのだとか!なんだかすぐに覚えてしまいそうです。

羊羹の通販サイト紅葉屋本舗紹介プログラム温かいお番茶に、ようかん。楊枝で調度良い大きさに切って一口。ああ、秋ですね。あったかいお茶が似合う季節となりました。でもわざわざ和歌山までようかんを買いに行くのはちょっと…。ありました。通販サイト!なかでも羊羹通販サイト「紅葉屋本舗」の湯浅醤油羊羹は、モンドセレクション最高金賞を受賞した新商品なんだそうです。塩羊羹は食べたことがありますが、醤油とはいったい?湯浅醤油羊羹たいへん気になる存在でもあります。

紅葉屋本舗の名物といえば、「本煉羊羹」だそうです。こちらはモンドセレクション最高金賞を過去2回(2008年、2009年度)、金賞を過去2回(2010年度、2011年度)受賞!本年度も出願中だそうです!創業明治33年変わらない伝統製法。1品1品手づくりの技が世界に認められている。なんだか嬉しいですね。材料は北海道十勝産の小豆、大阪府高槻市の極上高級寒天。

口コミでは
「外側はかりっと内側は柔らかく、甘さ控えめで懐かしさを感じさせる美味しい羊羹でした。」
「羊羹はかなり甘いものが多いなか甘さ控えめで上品な羊羹でした。」
「 ちょっと濃い目にいれたお茶ととても合います。この羊羹、手作りだけあって、本当に美味しくて、満足です。」

と上々!お試しセットもあり、送料こみの1000円も嬉しいです。ああ、食べたい!
羊羹の通販サイト紅葉屋本舗紹介プログラム
posted by kayomama at 15:37| スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

鰹節の専門通販【浜弥鰹節】NHK朝ドラ「てっぱん」浜勝のモデル

NHK朝ドラ「てっぱん」モデル店!だし・鰹節の専門店【浜弥鰹節】
魚へんの漢字が無数書かれた湯のみ茶碗、これが、けっこう子供の勉強に役だっています。魚へんに「秋」でカジカ、「平」でヒラメ(平らですね)、では「堅」と書いて、なんと呼ぶ?答えは簡単?「かつお」です。では、どうして堅いのか。一説には、日本人は昔からカツオを干物にして食べていたのではないかというものがあるそうです。古事記にも「型魚」という言葉がでてくる、平安朝以前から、伊豆・土佐・紀伊など10カ国から朝廷に貢納されていたそうです。

現代でも、鰹節はお料理に欠かせない調味料の一つ。ただ、家庭の主婦としては美味しいのはわかっていても出しを取るのが…鰹節の専門通販【浜弥鰹節】NHK朝ドラ「てっぱん」浜勝のモデルにもなったお店に、進化した鰹節を発見しました。その名も『 しゅんでる 』。沸騰したお湯に3分煮出すだけで出汁が完成!しかも本格的お味を楽しめる!

しゅんでる極〜kiwami〜の原材料はめじか節、うるめ節、昆布エキス、かつお節、さば節、粉末淡口醤油、砂糖(本和香糖)、粉末みりん、食塩。下味がほんのり。でも塩分は他社の30%まで抑えているというから、お料理の邪魔はしませんね。しかも、2番だしまでとれちゃいます。嬉しいぞ!

しゅんでる・香〜kaori〜はちょっとお安くても、うるめ節・さば節・粉末淡口醤油・食塩・砂糖・粉末みりん・かつお節・めじか節・昆布エキス。昆布入りがいい!しかも、このパックを破ってご飯にかけると、ふりかけになっちゃうというのだとか。もちろん安心の、無添加、国産材料。

市販の顆粒のだしの素、いったい何が?という思いが抜け切らない中、鰹節の専門通販【浜弥鰹節】の大発見。素敵な出会いです!
NHK朝ドラ「てっぱん」モデル店!だし・鰹節の専門店【浜弥鰹節】
posted by kayomama at 16:10| 乾物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

1000万粒売れてる梅翁園のスイートはちみつ梅

気がつくと、蝉の声が聞こえなくなっていました。秋ですね。これほど、待ち望んでいた涼しい日々。なのに、すっかり秋バテ状態。中でも肩こりが最悪。「肩こりや疲労回復には、クエン酸がいいらしい」という軟弱体質改善の噂を聞きつけ、さっそくクエン酸を多く含むと言われる梅干しを検索です。

クエン酸は疲労の原因、乳酸の増加を抑えることができ、身体の疲労回復をしやすい食べ物とされているのだそうです。レモンや、酢、などに含まれるのだとか。でも、体に良くても「酸っぱいのは嫌い」。

そこで見つけたのが「梅翁園のスイートはちみつ梅」。どうも、その名の通り甘いらしいです。

塩分は5%、しかもとろ〜り甘い!のだそうです。しかもうま味調味料は使わず果糖とはちみつの二段仕込みでじっくり熟成だけで漬けた、安心の梅干し。使っている梅も紀州南高梅!なんだか美味しそう!しかし、私の知っている梅干しは、いつも酸っぱくって塩辛い!本当のお味はどうかしら?さっそく口コミを検索です。

すると、
「子供のころから食べているものとは、まったく違う味です。おやつ感覚でたべています。」
「酸っぱくなくて、ハチミツのまろやかな甘味のある梅干しで、食事中でも、小腹が空いた時のおやつにもなります♪」

とのこと。おやつに梅干し?これは革命かも。
「減塩を心がけなければならない家族が居るので、5%の塩分は本当に有難いです」
「喉の弱い義母にぴったりの味加減です。蜂蜜味の中に、若干の酸味。粒も大きく、果肉もやわらかで、92歳の義母がとても喜んでくれました。」

梅干しを塩分5%に抑えることで、食の選択が増える!という方も。

1000万粒売れてる梅翁園のスイートはちみつ梅、これは伊達ではない!と感心させられるのでした。ぜひ食べてみたい!


posted by kayomama at 14:47| 乾物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。